• ホーム
  • アイピルを事前に買ってお守りにしておこう

アイピルを事前に買ってお守りにしておこう

アイピルは緊急避妊薬と呼ばれる薬の一つで、万が一性行為後に避妊に失敗したことが分かった場合、服用すれば高い確率で妊娠を防ぐことが可能です。
レボノルゲストレルという有効成分が配合されており、女性の体内で分泌される女性ホルモンと同じ作用を及ぼすため、ホルモンバランスをコントロールして妊娠を防ぐ効果を発揮します。

妊娠が成立するには、性行為のタイミングで受精する必要があります。
排卵はホルモンバランスの変化によって促されるのですが、アイピルを服用するとレボノルゲストレルが大量に補給されるため排卵が起こりません。
さらに受精卵が子宮内膜に着床するのを邪魔したり、受精そのものを阻害する作用も持っています。

このような作用により妊娠を防ぐことができるため、避妊に失敗した時のお守りとして常備している女性も多いです。
ただ、アイピルを効果的に使用するためには、出来るだけ早く服用することをお勧めします。
基本的に、性行為から24時間以内に服用すれば約95%という高い確率で妊娠を防ぐことができますが、それ以上時間が経過するとどんどん避妊成功の確率が下がってしまいます。

また、正しい服用方法をきちんと守ることでアイピルの効果が高まるので、初めて利用する場合は病院で医師に相談しながら服用したほうが良いでしょう。
アイピルの場合、1錠あたりに配合されている成分濃度が高いため、性行為の失敗後に1錠だけ服用すれば十分です。
一般的な緊急避妊薬は1回に2錠服用したり、時間を空けて追加で服用するものが多いので、うっかりアイピルを2錠服用してしまう人も多いです。
1錠以上服用すると摂取する成分量が非常に多くなり、強い副作用が出てしまうので絶対に避けましょう。

このように手軽で効果の高いアイピルですが、病院で処方してもらうと費用がかなり高額になってしまいます。
経済的な負担も大きく、お守りとしてストックしておくのも難しいでしょう。
このような場合は、病院ではなく通販でアイピルを購入すると便利です。

アイピルを通販する方が安く使用できる

アイピルは、病院で処方してもらうと受診料なども含めて1回に15,000円から20,000円ほどかかってしまいます。
レボノルゲストレルを使用した緊急避妊薬は手軽で副作用のリスクも比較的低いため、薬価も高額です。

このように高いと、お守りとして余分に処方してもらいに行くというのも難しいでしょう。
そこで利用したいのが、医薬品の通販です。
海外で製造されたアイピルを、通販という形で個人輸入すると非常に安い価格で手に入れることができます。

海外製のアイピルは国内で流通しているものより相場が安いですし、なにより必要な量だけまとめ買いも可能です。
多くの通販サイトはまとめ買いすればするほど1錠あたりの価格も安くなっていくので、お守りとしてストックしておくこともできます。
一般的な通販サイトの場合、まとめ買いすると1錠あたり1,300円から1,500円ほどしかかかりません。
もちろん病院の受診料も必要ないので、送料の負担だけで済みます。

非常に安く購入できるので魅力的ですが、通販である以上偽物には注意が必要です。
緊急避妊薬が偽物では取り返しのつかない事態にもなり兼ねないので、必ず本物を取り扱っている信頼性の高い通販サイトだけを利用するようにしましょう。
利用前に必ず通販サイトの口コミや取引実績数などを確認し、過去に法令違反やトラブルを起こしていないかなども調べておくと安心です。

また、通販は海外からの発送になるため、手元に届くまで2週間近くかかってしまいます。
これでは24時間以内に服用することはできないので、性行為の予定があるなら前もって注文しておくことが大切です。
安さや手軽さを最大限に活用するためにも、時間に余裕を持って通販を利用するようにしましょう。