• ホーム
  • ピルを服用できない女性について

ピルを服用できない女性について

ピルは希望すれば誰でも処方できる薬ではありません。
服用できない女性もいるので注意しましょう。

まず、ピルには女性ホルモンであるエストロゲンが含まれています。
そのため、乳ガンや子宮ガンといったエストロゲンが関わっている病気のある女性は飲むことができません。
もし飲む場合は医師の診察が必要で、ガン検診などを定期的に受けることが条件となります。

また、エストロゲンには血液を固まりやすくする働きがあります。
血栓症や脳血管障害、冠動脈疾患にかかったことのある女性は、症状を悪化させてしまう恐れがあるので服用は禁止されています。
手術後や出産後も血液が固まりやすくなるので飲めません。

そして、以前ピルを飲んでいて過敏症を起こしてしまった女性や、不正出血が起きてしまう女性も飲むことはできません。
肝障害や脂質代謝異常、重度の高血圧といった病気をお持ちの女性の服用も不可能です。
ピルを飲む機会は少ないですが、妊娠中や授乳中の型もピルは服用できません。
妊娠中に黄疸持続性掻痒症が現れたことのある人、妊娠ヘルペスの既往歴がある場合は、授乳が終わったとしても飲むことが出来ないので注意しましょう。

ピルが飲めないのは病気などがある人だと思っている人が多いのですが、生活習慣などによっても飲むことが出来ないケースがあります。
それは、35歳以上で1日15本以上の喫煙者です。
喫煙は血栓のリスクを上げてしまうからです。
禁煙すればピルを飲むことは出来るようになるので、服用を希望する場合は禁煙しましょう。

そして、40歳以上になると血栓のリスクが高まるので処方されないことが多いです。
老け顔であったり、お肌の状態を見て処方できないと診断されてしまうこともあります。
喫煙者の場合は、お肌や老け顔になりやすいので、40歳以下でも処方できないと言われてしまうことがあります。
処方を希望する場合は、自分の状態をよく確認してから病院へ行くようにしましょう。

女性の喫煙は肌にも良くない

喫煙の習慣がある女性や40歳以上の女性、あるいはガンの治療を行っている場合にはピルを服用することはできません。
ピルに含まれているエストロゲンの作用によって血栓症を引き起こす可能性があるからです。
さらに、喫煙の習慣があると、女性にとっては嬉しい効果がたくさんあるピルを服用することができないというだけではありません。

喫煙は、女性の肌にも良くないことがわかっています。
喫煙の習慣がある女性は老け顔にみられやすいなど肌年齢を大きく低下させます。
女性の肌にとって喫煙の習慣が良くない理由は、喫煙の習慣が血液の循環を悪くしてしまい、血色を悪くしてしまうからです。

煙草には血液の循環を鈍くする効果があります。
血管を収縮させる効果があることから毛細血管のような細かい血管にまで血流がなかなか巡らなくなってしまいます。
肌に対して血流は酸素を運ぶという重要な機能を担っています。
酸素がめぐるからこそ、肌の新陳代謝が促されるようになり、常に若々しい状態を保つことができるようになります。

肌に対して血流の巡りが悪くなっているということは、常に肌が酸欠のような状態になっているということです。
結果として肌が呼吸できなくなってしまい、血流が悪くなって老け顔にみられるようになってしまう傾向があります。
そのため、喫煙の習慣がある女性はできるだけ煙草を吸わないような生活習慣にした方が良いでしょう。

逆に言えば、喫煙の習慣を止めることによって、収縮してしまっていた血管が開くようになることで血流がよくなります。
それによって肌年齢も回復し、老け顔にみられることもなくなります。
肌をきれいに保ちたいのであれば、血流がしっかりと流れるようにすることによって、健康的な生活を心がけることが大切です。