• ホーム
  • モーニングアフターピルと低用量ピルの違いってなに?

モーニングアフターピルと低用量ピルの違いってなに?

モーニングアフターピルと低用量ピルでは違いがあります。
モーニングアフターピルと低用量ピルは避妊効果があるという意味では同じですが、その服用方法は全く異なります。
モーニングアフターピルは性行為後に服用することによって避妊効果を得ることができますが、低用量ピルは性行為後に服用しただけでは避妊効果を得ることはできません。

低用量ピルで避妊効果を得るためには、定期的にピルを服用していなければなりません。
そもそもピルの目的も異なります。
モーニングアフターピルはあくまでも緊急用の避妊薬です。

コンドームをつけないで性行為を行って中で出されてしまった時やコンドームが破れてるなど避妊失敗後、望まない妊娠を避けることを目的として緊急で服用するものです。
常用するものはありません。
モーニングアフターピルは急激に身体の中のホルモンバランスを変化させることから、身体への負担も非常に大きいです。
ホルモンバランスが急激に変化することによって、ピル服用の副作用が強く出てしまう可能性も高くなります。
妊娠を希望しない方が緊急で服用するのがモーニングアフターピルであることを正しく認識することが大切です。

一方、低用量ピルは性行為があるか否かにかかわらず、妊娠を希望しない方が定期的に服用することによって避妊効果が得られる薬です。
毎日服用することによって避妊効果を得ることができるものなので、性行為後だけ飲んでも意味がありません。
モーニングアフターピルと低用量ピルでは服用するタイミングは性行為後であるか、性行為の前に服用するかという違いがあります。

また、モーニングアフターピルとは異なり、低用量ピルは含まれている成分が多くないため効果が緩やかです。
身体のホルモンバランスを急激に変化させずゆっくりと変化させることから身体への負担も軽くなります。
副作用がないわけではありませんが、モーニングアフターピルよりも軽い傾向があるため安心して服用できます。
避妊失敗後に服用するのがモーニングアフターピルで、毎日服用する必要があるのが低用量ピルです。

性行為の時は必ず男性にコンドームを義務づける

性行為の時は必ず男性にコンドームを義務づけることが大切です。
コンドームは避妊を目的とした避妊具という認識が一般的ですが、コンドームは避妊のためだけではなく性病予防のためにも重要なものであることを認識する必要があります。
性病の予防のためにはコンドームが必要です。
粘膜に精液や膣分泌液が直接接触するのを防げることができるのがコンドームの利点です。

たとえピルを服用して避妊していたとしても性病まで予防することはできません。
ピルには性病を予防するための成分が含まれているわけではないので、性病を予防することはできないということを正しく認識しておく必要があります。
コンドームもピルも避妊を目的として活用されているものですが、ピルを服用することでは性病までは予防できません。
性病の予防のためにはコンドームの装着が必要です。
そのため、性行為の時は必ず男性にコンドームを義務づけることが重要となります。

コンドームをつけずに性行為を行うと、性病に感染する可能性があるため注意が必要です。
性病の多くは相手の粘液との接触によって感染するものです。
直接粘液と接触するような行為は全て性病に感染する可能性がある行為です。
もちろん、コンドームをつけていれば確実に性病が予防できるわけではありません。
オーラルセックスによっても性病に感染する可能性があります。
コンドームを装着することによっても完全に性病を防ぐことはできませんが、きちんと正しく装着すれば確実に性病の感染確率を下げることができます。
アナルセックスやオーラルセックスなどによっても性病に感染する可能性があるため、そのような性行為を行う場合にもコンドームを装着することが重要です。